るのぽっぷ

30代独身男が謳歌する、おひとりさまLIFE

【雑談】酔っぱらいに絡まれた話

f:id:runopop:20170508215750j:plain

遡ること数年前、夏真っただ中のある日初めて酔っぱらいに絡まれた。

正直めちゃくちゃムカついた。

その時のお話を書いてみる。

※ところどころフェイク入ってますがほぼノンフィクションです。

 

事の発端

ちょっと前だけど中学生時代の同級生が結婚式を上げ、

「身内だけでちょっとしたお祝いも兼ねて飲み会やろーぜ!」

みたいな感じで後日集まり、とある居酒屋でお酒を交わしながら語らうことに。

その数僕を合わせて4人。

場所はちょっとおしゃれ気味な焼き肉屋。

焼肉屋までの移動は3人と1人で別々の車で現地集合。

そして通された席。案内された席は4人がけのテーブルが2つ並んだ座敷。

で、案内されたテーブルに着こうと僕が一番手に靴を脱いで入ろうとするわけよ?

そしたら横のテーブルに先に着いてた見た目チャラそうな25歳くらいの金髪(以下金髪)に軽くガン付けられる。

その時点では「なんだこいつ」程度にしか思わなかったので華麗に無視。

見た目僕より若そうだし、まぁこんなやつもいるよなしょうもないってくらいな感じで気にしてなかった。

てかそもそも単に目つき悪いだけで、ガンつけたつもり無くてもそう言われちゃう人もいるじゃん?現に僕はそんな感じなので、決めつけるのは時期尚早っちゅーもんです。

それよりも久々の仲良しメンバーが集まってるから早く呑んで喋って楽しみたい!

しかし・・・後々そいつと一悶着するハメに・・・。

呑みの最中は最高

呑みがスタートしてからは、もう普通に楽しい。

美味しい料理、腹を割って話せる昔からの友達、美味しいお酒・・・・

しかも結婚っていうハッピーな話題があるからね!

いやぁ・・・めっちゃ笑ったなー・・・。

僕はこの人達と死ぬまで付き合っていきたいと思いました。

とりあえず呑みの最中は楽しくって幸せ!

ちなみにガンつけ疑惑のある隣の金髪の席には後から男3人が入ってきて、いずれもガテン系のドカジャンきてる何歳かわかんねー奴らの合計4人で呑んでた。

あんまり見てなかったけどちょっと店員さんにめんどくさい感じで絡んでるような感じだったかなー。

ただ1つ、呑みの最中に気付いた事が。

僕らのグループは中学校の同級生つながりなので、話題で中学時代の話になるわけです。

「~くんは今何してる」「~ちゃんは結婚した」「~くんは中学時代はどうのこうの」

みたいなね。

その中で、田中くんの話になった時に(仮名です)

隣の席の金髪が

「田中!?」

みたいな声を出してたのを聞いたような気がする。ただその時すでにけっこう呑んでたからハッキリとは分かんないけど、あとから一緒にいた友達に聞いたら友達も聞いたって言ってた。

きっとこちらの話に聞き耳をたてていたのだろう。

隣の席が気になることはちょっとあったけど、

まぁでもそんなことはどうでも良くて終始賑やかに楽しく飲み会は進行してました。

お会計へ

積もる話も終わり、時刻は夜の23時。

「そろそろいくか」とお会計へ。

ここまでは100点どころか150点。幸せな気分に包まれてました。

隣の金髪は僕らが出る10分前とかに先にお会計して店を出てた。

お会計を済ませ外に出ると、駐車場の奥にアルファードが一台エンジンがかかってて、なにやらドアが開いて音楽がすげーガンガン鳴ってた。

うるせーなーアレって思いながらもお酒が入ってていい気分だし夜風が気持ちいい。

僕らも駐車場で15分くらいお喋り。その間アルファードは動かず。

他のお客さんは誰もいなくて、僕らのグループとそのアルファードの人のみです。

そしてお喋りも程々に帰宅の途へ。

各自、それぞれの車に乗り込みます。

お待たせしました。ここからが本日のメインです・・・!!!

そして争い勃発

僕は3人で乗ってきた方のグループなので車に乗り込みます。

さぁ出発するかって友達がエンジンをかけてスタートしようとした瞬間異変に気づきます。

「あれ、友①の車の前に人立ちふさがってね?」

※友①とは店まで自分の車で1人で来たお酒呑んでない友達のことです。

f:id:runopop:20170508193801j:plain

図にするとこんな感じ。

友①の車の進行方向に店内で見た金髪とその友達みたいなやつが居た。

車塞いでたのは金髪だけだったけど。

 

とりあえず15秒くらい見てたけど、どう見ても何か言い合ってるような感じがしたので

僕ら3人は友①のところに向かう事に。

俺「すいません、なんですか?」

金髪「・・・(ヘラヘラ)」

俺「(なんだこいつ)友①、どうしたの?」

友①「知らん。急に車止めてきた。何を喋ってるのか理解できん。」

ここで金髪が口を開く

金髪クソヤロー「お前らが俺らの事いちゃもんつけてきたんだろーが!あぁ!?」

一同「え?」

急にとんちんかんな事を言いながら怒鳴る金髪。一同ぽかーん。

しかも全く見に覚えのない。あきらかに酔ってるなコイツ。

メンドクセーなと思いつつ・・・

俺「いちゃもんなんか付けてない。いちゃもん付けてるのはそっちだろう。迷惑なので早くそこをどいてください。警察呼びますよ。」

バカ「fんっぎksjぉいあg」

一同「(´-`)?」

呂律回っていない泥酔金髪。ここは下手に刺激してもめんどくさいし、こっちには結婚したばかりの友だちや、子供もいる奴もいる、下手に騒ぎを起こして警察沙汰になるのも嫌だなと思って

俺「わかったわかった。こっちが悪かったよごめんね。だからそこからどいてもらえない?」的なことを言う。

バカ「てめーら〇〇歳だろ?歳下に舐められて恥ずかしくね~のかよ!?」

 

一同「あァ?」

 

いや正直ちょっとピキったよ。てかこいつなんで俺たちの年齢知ってるんだよっていうね。まぁでも俺達も大人だからね。

f:id:runopop:20170508220801j:plain

冷静に対応する。

でもさ、冷静さを失わないように顔は比較的穏やかにしてるつもりだったけど

・楽しい飲み会が台無し

・友達の結婚祝も兼ねてる

・身に覚えがない

とかいろいろムカついてたので内心は

「このビチグソがァ~~~~~~~ッ!」

って思ってたよ?下手に出てるからっていい気になりやがって~!

でもえらいもんでけっこうお酒呑んでたけど(運転手二人は飲んでないけど)、僕達はみんな冷静だった。ここで漫画みたいに反応して取っ組み合いになっても誰も得しないし、そもそもその場にいた僕や友達には背負うものがある。仕事とか家庭とか。

絶対手を出してはいけないのだ。みんなそう思ってたと思う。

ただずっと事態は平行線で、金髪もどこうとしない。埒があかない。

もう警察に電話やな・・・って携帯出した次の瞬間、店内から店の店長らしきスキンヘッドのゴツい人が出てきて、一瞬で状況を把握。

店長「まぁまぁここは・・・」

的な感じで金髪をたしなめる店主。

その跡も金髪が騒いでゴタゴタしたけどでなんとか丸く?納まりました。

結局警察も来てない。店長、あの時は本当にありがとうございました。

去り際、金髪は酔いまくってて話が通じなかったから、代わりに一緒にいた比較的冷静な金髪のツレに一言

俺「ツレなら最初からお前がコイツをなんとかしろ。お前らのせいでせっかくの楽しい食事が台無しだ。」

的な事を言いました。

金髪のツレ「へへ、そっすね、サセン」

・・・だめだこいつら(´-`)

きっと今日だけじゃなくて他の日にもいろんな場所で他の人に迷惑をかけてるんだろう。

あとたぶんこの金髪に迷惑してるのはコイツも一緒なんだろうなと思った。いつものことなんだろうと察する。

絶対この金髪、明日になったら覚えてなさそー。

その後の帰り道は、もう気分最悪。せっかく楽しかったものが全部パーになった感じ!

でもけっこうなお酒を呑んでたけど、なんだかんだ冷静に対応できたかなと思う。

いやハラワタは煮えくりかえってたけどね!?

帰り道と絡んできた原因

なんで絡まれたんだろうって友達とワイワイしゃべってたんだけど、そういやァ呑みの最中に

田中(仮名)って名前にに異常に反応してたよなァ!?って話になって

あいつ(金髪)は田中だ!

って結論になった。たぶん僕らが悪口言ってると思って勘違いしたんだろう。

知らんけど。

でもみんな、誰一人頭に血が登って手を出す事なかったし、ホント良い奴ばっか!

まとめ

お酒は呑んでも飲まれるな

昔の人は上手いこというねー!本当にその通りで、自分を抑えれない奴は呑んじゃだめだよ本当に(-′д`-)この言葉につきる。

人に迷惑かけちゃ、だめね。

あとこうゆう迷惑行為をしといて、翌日にはしれっと「覚えてない」って言っちゃうやつ!記憶をなくすやつ!僕はそうゆう人とはお酒を飲みたくないし関わりたくない。

冷静に考えて記憶が無くなるまで呑む奴はお酒を呑む資格はねーからな!?
 記憶が無くなるという事は、自分の行動に責任が持てなくなるという事。
自分の行動に責任が持てなくなるという事は、ダメ人間の証拠だよなァ!?

飲み過ぎる前に自主規制するべき。それができないなら周りに迷惑なので最初から飲むなっつう話です。

それに付き合わせられて迷惑被る人もいることを考えてほしい。

 

いやでも、いい経験しました。

俺も気を付けよう。

 

そんな感じィ!