るのぽっぷ

30代独身男が謳歌する、おひとりさまLIFE

思い出の彼方へ

f:id:runopop:20200108234925j:plain

 

見なけりゃよかった・・・。

 いつも通り残業して、あー疲れたなんて思いながら家帰ってビール飲んで、何気なく、本当に何気なく携帯の、あろうことか分かれた彼女との思い出の写真達を見てしまった。既に削除フォルダに入ってた写真、その数2500枚。

でも全部見たとかじゃなく、ビール飲んでて

「そういやあの写真物凄くよかったなぁ」

と特に思い入れのある写真一枚だけふっと突然思い出し、気になって見てしまった。

何やってんだ俺。

 

僕は去年年末までシングルマザーの人と結婚前提で付き合ってて、子供たちの写真もたくさん撮ってたけど、その中で彼女一人だけを撮影した思い出の写真。

それは今から2年前、彼女と子供達と僕で

「日の出を見に行こう!」

って言って夜明け前の午前2時に集合、そのままとある山頂まで車で行った時のこと。

無事に日の出を拝むことができて、日の出をバックに子供達と一緒にみんなで撮影したり、彼女と僕でお互いはしゃぎながら写真を撮りあった。

もちろん子供達とみんなで撮った写真もすごく思い出深いけど、その中の一枚で彼女だけを日の出バックに撮影した写真が個人的にすごく好きで。

彼女、頭上に腕でわっかつくって、わっかが太陽にすっぽりはまるようにして弾けるような満面の笑み。

本当に優しくて最高の笑顔。日の出も綺麗に腕のわっかの中に納まって、日の出バックだからなんか神々しくもあって、とても素敵な写真。

しばらくぼんやりその写真を眺めてて、僕はなぜかやりきれない気持ちになった。

 

別れて悲しいっていう感情はもう大丈夫なんだけど(※ある程度)

なんというか・・。

この時の彼女と別れた時の彼女はまるで別人で、この時の、本当に何よりも大好きだった彼女には、もう二度と会えないんだなと思うと・・・・。

 

涙が出た。

 

いつも僕のくだらない話に興味深々で相槌うってくれて、包み込むような笑顔で、優しくて強くて好奇心旺盛で子供が大好きで努力家で・・・。

 別れ際に彼女がした事は褒められたことじゃないし、別れてからはあまりいい風に思ってなかったけどこの写真を見て再確認した。再確認してしまった。

 

僕は本当に彼女の事が大好きだったんだなぁって。

 

当時は頻繁にみんなで出かけてて、この写真を撮影した時も何気ない日常の一瞬だったけど、時間が経って初めて、かけがえのない時間を一緒に過ごしてきたんだなぁと感じました。でも過ぎ去った日々は戻ることはないし、いまさら悔やんでもしょうがない。

別れたからといってこの素敵な日々を忘れようとは思わないし、たぶん努力しても忘れられない。

だから思い出は胸の奥に大切にしまって、自分の糧にして、前を向いて、日々その瞬間を大切にしながら生きていきたいと強く思った。

 

いろいろあったけど、彼女、子供達には感謝しかありません。

素敵なたくさんの思い出を、本当にありがとう。

 

 

あーー!!

見なけりゃよかったな、くそ(笑)

 

 

そんな感じ!!!!